今関信子さんを囲んで気軽にお話ししませんか
~くらしの中から国際女性デーに考える~

3月8日は、女性の権利と世界平和をめざす「国際女性デー」の日。

支援センターでは、守山在住の絵本作家の今関信子さんをお迎えし「くらしの中から国際女性デーに考える」というテーマでお話しいただきました。今関さんは、子育てや介護などをご経験されていますが、そうした日々のくらしの中から絵本の創作が生まれたことや、表現すること、おかしいと思ったことは口に出すことが、大切と話されていました。
レイモンド・ブリックス著の「風が吹くとき」を紹介され、再び戦争の悲惨さを繰り返さないためにも私たちは、目を背けてはいけない、声をあげつづけることが大切と話されていました。