11月30日(木)脳活プラッサ!第3弾 「能活!ノルディックウォーク」を実施しました。ノルディックは、ポールを使って上半身も動かすので全身運動になり、安定した歩行ができるので高齢者にも適したスポーツといわれています。
参加者のほとんどが初めてという方でしたが、中にはすでにポールを購入されて、この体験会できちんとしたポールの持ち方や歩き方を学びたいと参加された方もおられました。当日は、草津市老人クラブ連合会創造推進員の小枝さんのご指導で、初めにポールの調整の仕方や、グリップの持ち方、歩き方など教えていただき、その後、全員で秋たけなわの旧草津川跡地公園へ。きれいに整備された跡地公園を歩きながら、姿勢や歩幅などの注意を受けたり、またポールを持っての階段の昇降の仕方など教えていただきながらさっそうとウォーキングに取り組みました。
ウォーキングの後は、支援センターでランチ交流会を実施。指導者の小枝さんを囲んで、ウォーキングの効果や高齢期の生活、また健康などについて話をし、わいわいと賑やかなランチ交流となりました。